【競馬トリビア】大井競馬場と平和島ボートレース場

(2017年冬)競馬トリビア10連発

その10 これは配慮です
平和島競艇場から大井競馬場までは歩いて10分程度で行けるので、ナイター競馬の時期には平和島のデイレースから大井競馬場のナイターレースを梯子するダメ人間が散見される

この両場は指定席に入場する際に手の甲に肉眼では見えないスタンプを押し、指定席外から再入場する際にはブラックライトの下でそのスタンプを提示する方法が採られている。

そのスタンプを押す際に手の形が描かれた台があるが、平和島は左手、大井競馬場の場合は右手が描かれている。

これは両場を梯子してくる人間に対する配慮(だと私は信じている)

大井でスタンプを押す時にうっかり左手を出してしまうと、平和島のスタンプが浮かび上がってダメ人間の証を見られてしまうので気をつけて!

blogmura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。