的場文男、2017年の東京ダービーはローズジュレップで?

今年こそ的場文男騎手が東京ダービー制覇なるかという話題はこの時期の風物詩

今年はブラウンレガートという京浜盃3着のお手馬がいるけど、ヒガシウィルウィンに2戦2敗とすでに分が悪い

そんな中、川崎のクラウンカップを1分41秒9という好タイムで2着馬を1秒5ぶっちぎったローズジュレップを管理する小久保智調教師がスポーツ報知のコラムでこんな事を書いていた。

ローズジュレップは前走後もすこぶる順調、羽田盃には間違いなく前走以上の状態で出走させます。

そしてその先には東京ダービー

羽田盃をどのような形で勝つことができるか。その内容次第で、ダービーで的場文男さんが騎乗することも考えています。

的場さんが「この馬に乗ってみたい」と思わせる結果を残さないといけない、そう思っています。

それが叶えばテン乗り。的場さんは初めての騎乗馬でも上手くいっているケースが多く問題ないでしょう。


まさかのローズジュレップ

個人的に羽田盃の最有力馬と思っていて今年も吉原かとうんざりしてたんだけど、東京ダービーで文男様が乗るプランがあるなら話は別!

普段なら金沢競馬が誇るブラックジョッキーを応援なんてありえないけど今年の羽田盃はローズジュレップ圧勝でお願いしたい!

そして東京ダービーは文男様にスイッチで!

勿論、新馬や条件戦の頃から乗ってるお手馬での東京ダービー制覇が理想だけど、背に腹は代えられないからね

そろそろ本当に勝ってほしい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。