第36回オールスターオートレースの売上

第36回オールスターオートレース

開催日:2017年4月29日~5月3日
開催場:川口オートレース場
優勝賞金:1300万円

日別売上

1日目(祝):3億2552万4600円
2日目(日):3億5084万5500円
3日目(月):2億5559万4800円
4日目(火):3億7531万9500円
5日目(祝):6億2109万2500円

節間合計

19億2837万6900円

前年比

+27.0%

優勝者

鈴木圭一郎[カルマ3K]


ひとこと

5月1日が優勝戦だった去年とは日程を変えて売上大幅増

日別売上でも3日目が下がった以外は全て大幅増だった。


優勝戦は鈴木圭一郎が事前の枠番選択で(今までの)オートレースの常識からはあり得ない大外8番枠を1番目に選択

しかしその不利と言われる大外から見事なまでにあっさり優勝

先輩達も若手の大外選択には思う所があるだろうという読みで高橋貢、永井大介、松尾啓史の内枠3車から車券を組み立てていたんだけど、見事に粉砕された。


鈴木圭一郎はこれで去年から続くSGレース4連覇

次回8月のオートレースグランプリを制すればあっさりとSGグランドスラム達成

2年くらい前はしばらく青山周平の時代だろうと思われていたのに、さらに規格外の若手が出てきた。

ブログランキングへの応援お願いします

blogmura

オートレースで1億円が必ず当たるクジが発売!?

その名も「当たるンです」

 必ず1人に1億円が当たる夢のくじ「当たるんです」が発売されることが19日、スポーツ報知の取材で分かった。対象はオートレースで、後半4レースの1着を当てる「4重勝単式」。当選金額は1億円だ。宝くじなどと同じく、コンピューターがランダムに選ぶクイックピック方式を採用するため、オートレースを知らない人や興味のない人でも楽しめる。当選確率は4096分の1。このほか、1千万円、140万円が当たるくじも合わせて実施される。発売予定は11月中旬の予定。


 年末ジャンボ宝くじの1等7億円には及ばないが、当選確率は4096分の1で1億円は、明らかに魅力的だ。公営競技では最大12億円が当たる競輪の「チャリロト」や「ドカント!」があるが、当選者が出なかった場合はキャリーオーバーになる。その反面、当選者が出たら「0」からのスタートになるため、なかなか金額が大きくならないマイナス面もある。


 しかし「当たるんです」はキャリーオーバーなし。必ず1人が1億円を手にできる仕組みになっている。からくりはこうだ。オートレースは1レース8車立てで行われる。後半4レースの1着を当てる「4重勝単式」。組み合わせは8の4乗で4096通り。これをコンピューターがすべてに振り分けることにより、必ず当選者が出る。ウェブサイトに登録し、ネット投票だけになる。

引用元:スポーツ報知
全文:http://www.hochi.co.jp/topics/20161019-OHT1T50217.html


オートレース界でなんだか面白い重勝式のクジが発売されるとの発表

この発想力と実行力は素直に称賛するべきではないでしょうか!

発売されれば『必ず誰かに1億円』というのは魅力がある。

ただ1口3万5千円はめっちゃ高い(;´∀`)

結局金持ちしか買えないので本末転倒の予感がしないでもないw


とても興味深いし、これを発売にこぎつけた人たちの努力は素直に素晴らしいと思うけど、ギャンブルとして考えると効率は非常に悪い

全4,096口発売で1億円的中が前提で話を進めると総購入金額が1億4336万円

払い戻しは1億円なので、この時点で控除率は約31%

さらに払戻金には税金がかかる。

目安として2,000万円から2,500万円

2千万円とすると控除率は44.2%、2,500万円だと47.7%で宝くじ並となる。


そしてこれは最高形の話

現時点では細かい所がわかっていない。

例えば5,000口の購入希望者がいても4,096口単位でしか発売しないのなら当選金は常に1億円なので問題無し

しかし5,000口発売するとしたら話は変わってくる

払戻金のMAXは恐らく1億円で変わり無し

しかし5,000口売った場合は904口が重複するのでその目は当選金が目減りする。

5千口販売で2口の当選が出た場合、控除率30%で計算すると払戻金は6125万円

さらに税金払って残りが約5千万円

その場合の控除率はなんと64.5%

まさに惨状…(`・д´・;)


とここまで長々と書いてきましたが、

オートレースの売上金は最高峰のSG競走でも3日目までは1日2億円台

発売するのに1億4千万円超を集める必要があるクジがコンスタントに発売出来るほど売れるとは思えないのですな。

1口3万5千円はべらぼーに高いし、庶民は1口500円で最高140万円のクジを買って楽しむ程度になりそう


2015年のギャンブル収支

今更ながら2015年の公営ギャンブルまとめ

オートレース

2015年収支:+3,890円

微プラス

だけどオートは殆ど買ってなくて購入5日でプラスの日が2日

2月のSG「全日本選抜」の決勝で浜野が失格になって当たったのが最後まで生きた。

浜野ありがとう、そしてありがとう。

オートは控除率を上げてから購買意欲を完全に失ったまま…

今年もSGの決勝くらいしか買わないで終わりそう。

競輪

全くの無購入なので±0円

ミッドナイト競輪を進められたので見たんだけどクッソつまらなくて購買意欲が沸かなかった

後で聞いたらチャレンジというのはレベルが低くてつまらないらしい。

今年は普通のミッドナイト競輪にチャレンジするかも。

競艇(ボートレース)

2015年収支:-135,420円

ボロボロ…

ホームプールの平和島が特にボロボロで-71,000円

平和島で当たらないと全然盛り上がらずに6月まではゴリゴリ買っていたんだけど、7月以降フェードアウト

6月までは36日買っていて-97,550円

当たらないとつまらないもので7月から12月までは購入日数が14日と激減

結局モチベーションを回復することなく2015年が終わった。

正直、競艇はペラ制度が変わって、さらに出力の低いモーターに切り替わり、スピード感がなくなってつまらなくなった。

特に平和島は4コースからの一撃捲りや若手の全速戦などが華だと勝手に思っていたのだけど、ボートのスピードが全体的に落ちた影響もあってインが強いどこにでもある普通のプールになってしまった。

なので平和島に行く回数は恐らく激減、ネットで女子戦を買うことが多くなりそう。

メインの競馬はまた次回



オートレースの控除率が限定的にアップ

平成27年度のSGレース・特別GⅠプレミアムカップは、2連単の払戻率が80%にアップ!!

今年度第1弾は、4月25日(土)から開催されるSGオールスターオートレース(浜松)で実施!

『当たる・分かる・楽しい』オートレースを是非ご堪能ください!

http://autorace.jp/news/2015/0413_info/index.html

これは朗報

だけど迷走しておりますなあ(´・∀・`)

去年公営ギャンブルで売上1人負けのオートは控除率を30%に上げたのが完全に失策だった。

それは運営側も判っているんだろうけど、控除率を戻しても愛想を尽かせた客が戻ってくるのかわからないし、さらに傷口を拡げる可能性もあるので今回のキャンペーンで様子見ってところ?

これが好評で売上に結びつけば来年から控除率を戻すこともありえそう。


俺のスーパースター王座決定戦

年末グランプリシリーズ最終戦

賞金王決定戦、有馬記念、東京大賞典、ケイリンGPと全て外してきたので1個くらい当てないと年が越せない!!!

オートレースは試走を見て買うのがセオリーなんだけど、31日は大井競馬場へ行かねばならぬので前予想で買いまする。

勝手な各車評価

1号車_木村武之

3日間順位 1着→3着→5着

過去10年の1号車成績【1.1.2.6】

1日目は逃げ切りで完勝、優勝する機力もテクニックも備わっている。

ただ選択順位3番目で1番枠をチョイス

外枠勢も渾身の勝負をかけてくるので包まれた時に不安あり

実際に1号車の過去成績もあまり良くない。

2号車_中村雅人

3日間順位 4着→3着→2着

過去10年の2号車成績【0.3.1.6】

虎視眈々とひたむきに追い込んで来る仕事人

ひたひたと先頭を追い詰める走りは10周戦でさらに輝く

3号車_永井大介

3日間順位 2着→1着→1着

過去10年の3号車成績【5.0.0.5】

予選順位トップで3番枠をチョイス

1日目は苦しいレースも2日目はトライアル1番時計で快勝

3日目の湿走路も独走で快勝したけど時計は伸びず

過大評価は禁物か?

4号車_金子大輔

3日間順位 2着→1着→5着

過去10年の4号車成績【2.3.2.3】※2着同着有り

2日目は独走していた青山周平を残り2周であっさりパス

3日目は湿走路なので度外視できるし、初日の2着も木村武之より強めに見えた。

機力十分でスタートで置かれなければ勝利が見える。

5号車_高橋貢

3日間順位 3着→4着→3着

過去10年の5号車成績【0.4.0.6】※2着同着有り

最近燻ぶる絶対王者

今回も技術だけで着をまとめている印象で優勝戦に入ると厳しい

6号車_荒尾聡

3日間順位 5着→2着→4着

過去10年の6号車成績【0.0.3.7】

SG予選での強さは特筆モノの荒尾が今回も決勝へ

しかしオート界随一のスタート巧者も今開催はイマイチ輝けていない。

7号車_浦田信輔

3日間順位 1着→4着→8着

過去10年の7号車成績【2.0.1.7】

この枠番に置かれたのは全て3日目の湿走路大敗が原因

優勝戦は良走路必至なので問題無し

特に勝負がかかったレースでかましてくる絶品スタートが決まれば頭まである。

8号車_青山周平

3日間順位 5着→2着→6着

過去10年の8号車成績【0.0.0.10】

2日目の独走から一気に失速して捲られたレースを見ると相当厳しい

8枠をなかったことに出来るスタート力があるけどそれでも相当厳しい

結論

予選の走りからは金子大輔の機力が1枚上に見えた。

5周回くらいまでに2番手へ上がれれば先頭が誰でも差し切れると見た!

金子→木村&永井→木村&中村&永井&浦田

手広く買ってる余裕はないので、3連単6点で一気に取り返したる車券!!!