ジョアンモレイラの回収率

その男、過剰人気につき

今週から2週間札幌で騎乗するマジックマンことジョアン・モレイラ騎手

去年も3週間の中で騎乗機会7連勝など凄いインパクトを残していったけど、馬券的には買いが得か、思い切って外すのが得か。

以下で去年の札幌競馬場での人気別の騎乗成績をまとめてみた。

続きを読む

DMMバヌーシーはアリなのかナシなのか

いきなり結論から入ってしまうと考え方だと思う。


DMMバヌーシーが謳う「感動体験の共有」

これに両手を挙げて賛同出来るならDMMバヌーシーは確実にアリ


しかし一口馬主要素に魅力を感じている人

もしかしたらお金が増えるかもと思っている人

コレについては2000%迷いなくナシ

そもそも責任者自身が「損をする可能性が高いので、投資目的ではオススメしない」と公言している。


個別のメリット、デメリットに付いては以下で

続きを読む

未来の7千勝ジョッキー爆誕

本日デビューの藤田菜七子騎手が川崎5Rで豪快に追い込んでアタマ差の2着

3着馬フクノサンデーに乗っていた大井の帝王・的場文男のコメント

「あの子、うまいよ。俺もあの馬に6回乗ったことがあるけれど、ズブい馬でそれを動かしたんだから。パドックで馬を見た時も動かせないと思ったのに。あの子は7000勝するよ」
と、6800勝を超える勝ち星を挙げているベテランは感心していた。

引用元*スポーツ報知
全文*http://www.hochi.co.jp/horserace/20160303-OHT1T50078.html

さすがは6800勝ジョッキー我らが的場文男や!
コメントが上手すぎるw

でも今日が初騎乗だし、川崎ほど重い馬場はあまり経験ないだろうし、上半身とかフラフラになって追うんだろうなと思って見ていたらフォーム自体は周りと遜色なくてビックリした。

まずは1勝、増沢由貴子元騎手を超えて34勝(39勝)、そして100勝を目指してほしいですね。


2016年の中央競馬収支(後半)

2015年JRA収支、完全に脚を余した後半分

オレは脚が上がったんじゃないッ、余したんだッ!!

7月成績:+116,600円

7月の思い出
7月は最高に浮かれ気分の月だった
函館記念のダービーフィズ、ハギノハイブリッドを本線に近いラインでヒット
さらに翌週の函館・最終Rで三連単970倍をヒット


8月成績:-50,430円

8月の思い出
負け分の殆どは札幌記念で勝負した分
トーホウジャッカルはカモ、ディサイファ自信の本命って所まではバッチリだったけどヒットザターゲットは買えない…


9月成績:-37,870円

9月の思い出
1万負け、1万負け、8千円負け、1万円負けみたいな感じで書くことナシ


10月成績:-68,820円

10月の思い出
GⅠシーズン開幕で急激にレートが上がった(;´∀`)
3万くらい勝った週もあったけど、それでも7万近くのマイナス


11月成績:-91,170円

11月の思い出
取り返そうと思ってドツボにハマるよくあるパターンの穴に見事に落ちた
わかっちゃいるけどやめられない


12月成績:-44,510円

12月の思い出
12月唯一のヒットが有馬記念
10月、11月、12月と負けすぎて精神的にも財布的にも疲弊してレートを下げたのが悔やまれる
今までのようにドッカンドッカンいってれば良かったのに!

競馬は外れた時より当たった時の方が後悔する不思議


2015年、年間収支:-257,740円

途中まで互角に戦えていたのに10月以降の失速が痛すぎる…
そしてレートを上げすぎたので今はリハビリ中なり


ミュゼ冠の馬が消滅?

 脱毛エステ大手の「ミュゼ・プラチナム」を運営するジンコーポレーションが多額の負債を抱え、銀行団との任意整理に入っていることがわかった。高橋仁社長が6日、都内で会見して明らかにした。事業は継続したうえで、債務返済に向けた再建計画をまとめ、来年3月までに銀行団の同意を得る、と説明している。

全文は朝日新聞デジタル

NHKマイルカップのミュゼスルタンはド本命だったし、ダービーでも少し買っていて縁のある冠名だったのでこれは残念なニュース

ミュゼ◯◯◯◯の馬はここ数年よく見かけたのでこれから競馬界の中心に来る馬主候補の1人かと思っていたけどそうではなかったらしい。

女性専用エステに全く興味ないので勝手に勢いのある会社かと思っていたよ。


今回のような有名馬主からの急激なフェードアウトで真っ先に思い出すのは冠名アイネスのオーナー

自分が競馬を見始めた年のダービー馬がアイネスフウジンで、その後も共同通信杯でナリタブライアンの2着になったアイネスサウザーなども持っていたので自殺のニュースはまさに衝撃的だった。。


あとはシンコウの安田修社長

シンコウラブリィやシンコウキング、シンコウフォレストでGI制覇

ぱっとサリデリアのCMでもおなじみだったので急に馬を全部売り払った時は栄枯盛衰を感じたよね

しかし、その時に切り離されたシンコウファームがまた続いているのは競馬の血の繋がりに似たものを思って感慨深いモノがある


思い出の馬主最後はご存知フサイチの関口房朗オーナー

まさに名物馬主といった感じの派手な馬主スタイルで若干胡散臭い感じの外見も含めてサイコーだった

1996年に日本ダービー制覇、2000年にケンタッキーダービー制覇

2004年に4億9千万でザサンデーフサイチ購入、2006年に800万ドルでミスターセキグチ購入

2008年に馬主活動を縮小、2010年には残った競走馬が差し押さえらえる

凄い勢いで駆け抜けてますな(笑)

そう考えると、長い間多数の馬を持っていてまだ現役のメイショウやエイシンのオーナーは凄すぎますわ。

馬主業なんて絶対浮き沈み激しいの本当に凄い