トリプル馬単の傾向と対策

はじめに

8月から川崎と門別でも発売が開始されたトリプル馬単
現状で総数が多い大井と船橋のデータを見比べてみる。


大井競馬トリプル馬単

大井競馬トリプル馬単

船橋競馬トリプル馬単

船橋競馬トリプル馬単


これまでの傾向

1、2番人気のいずれかが勝つ確率は大井は44.8%、船橋が55.6%

配当1000円以下の確率が大井5.7%、船橋24.4%

万馬券確率は大井20.7%、船橋15.5%

大井は約5Rに一度、船橋は約6.5Rに一度万馬券が出ている。
トリプル馬単的に2日に一度は万馬券が出るのでやはり多点買いは避けられない。

しかし基本的に3万円以上の配当が出た時はキャリーオーバーするので捨ててしまうのも一考
次の日に取ればいいのだ!!!


簡単なまとめ

基本的に船橋は固く、大井は荒れる。
大井でトリプル馬単を的中させるのは至難の業にしか見えない。

買い時はまずキャリーオーバー発生時
特に船橋は千円以下の配当が4分の1を占めているので、そこそこの的中率が見込める。
キャリーオーバー発生時は積極的に狙って行きたい。

対して大井は難しすぎる。
千円以下の配当が5.7%なのでガチガチ決着はほぼナシ
キャリーオーバー云々よりも絶対の自信があるレースがある日に購入したい。
自信のレースを2~3点に絞れれば残りは多少点数が増えても総額を抑えられる。


注意

高額配当を当てると税金がかかりますよ。
申告するかしないかは貴方次第ですけど( ̄ー ̄)