御神本訓史氏、南関東で騎手復帰決定

 16日、NARより「平成28年度第3回調教師・騎手免許試験の合格者」が発表され、15年の騎手免許失効から復帰を目指していた御神本訓史元騎手(現厩務員)が騎手免許試験に合格したことがわかった。

 御神本氏は99年に益田競馬(島根)でデビュー後、益田競馬廃止に伴い、02年に大井競馬に移籍。落馬負傷から本格復帰した07年以降は毎年リーディング上位に名を連ね、13年には自身初となる南関東リーディングを獲得。地方のスタージョッキーとして活躍を続けていたが、自身の不祥事による15年の騎乗停止処分中に継続試験も不合格となったことが発表され、事実上の引退となっていた。

引用元:ネット競馬で続きを読む


2年前にデリヘル嬢をマッサージ師と偽り調整ルームに連れ込んで(推定)、騎手免許を取り上げられた御神本訓史氏()がついに復帰!

去年は筆記の一次試験で落ちたらしいけど、さすがに二次試験まで進めば落ちる道理はなかった。

ちょっと頭のおかしいトコあるけど騎手としての腕は超一流

技術は錆びつかないという格言もあるし、二年のブランクもさしたる事はなさそう。

厩務員をやっていたのでレースには乗っていなくても馬には乗っていたわけだしね。

最近の南関競馬は吉原にいいようにやられまくってるので、ココらへんで2013年の騎手リーディングに南関の騎手もやれる所を見せてもらいたい。

でも一番いい馬は文男様に回して東京ダービーを勝っていただきたい!!!!!

なお御神本の再デビューは他の新人騎手と同じく4月からとなる。

折笠豊和ジョッキーが引退

浦和競馬の折笠豊和騎手が2017年1月末をもって15年間の騎手生活に幕を閉じるとスポーツニッポンのコラムで報じられている。

2017年1月30日現在のプロフィールと成績は
1638戦4勝、2着17回、3回12回、4着26回、5着35回、着外1544回
折笠豊和成績

折笠キター!!
と思っても2着が多かった印象だけど、まさに印象通りの成績で2着が1着の4倍以上もあった。

妙に応援したくなる浦和の名物ジョッキーが引退を決めて、浦和競馬の魅力が1つなくなった。


引退後は競馬界には残らず飲食業に転職するとのこと

浦和競馬のファンサービスでよく陣頭に立っていただけに、騎手より客商売の方が天職だったという可能性もありそうw


ちなみに折笠騎手の勝利レースは全てYouTubeとニコニコ動画にある
全ての勝利レースの動画が簡単に見られる
こんな騎手も稀有だね( ̄∀ ̄)


初勝利(2005年10月21日リトルクラウド)

内からオリカサ、リトルクラウドがゴール
南関実況といえば今でも及川サトルという人は多い。
そんな氏の実況も華を添える


2勝目(2013年5月20日ケイアイレックス)

7年7ヶ月ぶり、感動の2勝目


3勝目(2013年8月9日コスモキャロル)

2勝目は同じ年に!


4勝目(2014年1月14日ケイアイレックス)

2勝目を挙げたケイアイレックスを駆って4勝目
これがラスト勝利

15年間で4勝の騎手成績だったけど親子ともアクの強い富田厩舎所属ということも相まって実にインパクトのある、妙に興味を惹かれる騎手だったと思う。

お疲れさまでした。


的場文男騎手が最高齢重賞勝ち記録を更新!

 第37回サンタアニタトロフィー・S3は3日、大井競馬場の1600mを古馬15頭が争った。5番人気のリアライズリンクス(的場文)が3番手から最後の直線抜け出し、1番人気のテムジンの追撃を退けて2つ目の重賞制覇を飾った。小久保智厩舎のワンツー。3着はアメージングタクト。的場は59歳11か月での制覇で自身の持つ最年長重賞制覇記録を更新した。

 的場文騎手(リアライズリンクス=1着)「3、4コーナーでずるいところを見せたけど、4コーナーでハミをとって、これなら行けるかなと思った」

引用元*スポーツ報知

大井競馬のレジェンド的場文男騎手がサンタアニタトロフィーで優勝!

4コーナーを手応えよく回ってきて一気に先頭へ
最後は1番人気のテムジンが迫ってきたけど1馬身1/4差を付けてそのまま押し切った。

もうね…めっちゃかっこいいわ!

馬上で踊る文男ダンス!

なんでアレで伸びるのかよくわからないけど伸びるモノは仕方ないw

若い人が見ると衰えてきて馬上で動きが激しくなってるのかと思うかもしれないけど、昔からずっとこんな感じだから!
サンタアニタトロフィーゴール前
騎手は腰を低くして馬の背に吸い付くような姿勢が理想のフォームみたいに言われているけど、野球の投球フォームやバッティングフォームがみんな一緒じゃないのと同じように騎乗フォームにも確実な正解なんてないんでしょうね。


個人的にはリアライズリンクス本命で馬単も取ったので昨日のサンタアニタトロフィーは文句ナシのレースだった。

昨日は文男信者として割と自信ありました(・∀・)

59歳11ヶ月での重賞制覇、今年中に60歳台での重賞制覇いけそうだ!

ガンバレ文男!!!!!


トリプル馬単また惜しす

ドッチラケの東京ダービーが終わった翌日、私は大井競馬場にいました。

主な目的はキャリーオーバー中のトリプル馬単ゲット

トリプル馬単はネットでしか買えないけど、競馬新聞は現地でないとなかなか買えないからね

本気の時は競馬新聞必須!


10、11、12Rがトリプル馬単対象レース

8R前に競馬場に付いて万全の状態で予想するべく指定席を購入

そこで予想したトリプル馬単は4点×12点×3点で144点

50円ずつの7200円購入


折角なので盛り上げるようにブログを書いていきたいんだけど、のっけから10Rをハズシました…

で、あとの2レースは当たりました

そのトリプル馬単の配当金は496万円
トリプル馬単配当
惜しかったレースが当たっていれば配当はもう少し下だったと思うけど。


外れたレースは1着馬を買っていて相手がクビ差の3着…
トリプル馬単
めっちゃ惜しいやん!!!

なんでナイトフィーバーはあと首が1m長く生まれて来なかったんだあああああ(魂の叫び)


惜しい…
トリプル馬単
これでトリプル馬単を惜しい外れで取り逃がしたの2回目


前回は川崎競馬でカメラの角度が悪くて絶対届いたと思ったのにハナ差負けていた
卯月特別馬券
騎手は共に本田正重

もうちょっと頑張れやあああああああああああああああ


と憤っているように書いたけど本田は最後まで一生懸命追ってくれるジョッキーなのでまあしょうがないと諦めが付きますわ

次だ!

次こそ500万馬券をゲットだ!!!


またも南関東競馬で負担重量ミス、今度は中野省吾

中野省吾騎手(24)は28日の川崎競馬9Rでクローザーに騎乗して4着に入線したが、後検量で本来騎乗するべき56kgより1kgを超えて軽かったため、29日より実効10日の騎乗停止
 9Rと10Rの鞍がたまたますり替わってしまったものと思われるが、10Rは騎乗するべき54kgで騎乗した。

スポーツ報知より引用


またかと…

去年も達城龍次がやらかしたのに主催者も騎手もまるで反省していない…

ゲート入りをごねる馬がいると入るまで一切映さなかったり、南関競馬は身内に甘すぎるわ

たまたますり替わってしまったって表現も何なのって思うし。

今回は4着だったから問題は起きなかったけど、これ絶対当たらない馬券を客に売りつけておいて平気な顔して返還しないからね。

それで責任者の騎手は騎乗停止10日とか軽すぎやろ…

金返さないならせめて3ヶ月くらい騎乗停止にしろと。。。

中野はまだ他場でも乗鞍あるけど、達城なんてほぼ大井しか騎乗依頼がないから騎乗停止10日間でも実質1日か2日乗れなかっただけっていう

いい加減、抜本的な対策をするか、制裁を重くしてもらいたいわ

金は返しません、責任者の騎手は10日で復帰しますというのはホント客を舐めてると思います! 憤慨!

blogmura