笠松競馬場探訪記

最近、笠松競馬場に初参戦したのでその時の日記

  ※  ※  ※  ※  ※

まずは名鉄の岐阜駅から急行で1駅の笠松駅で下車

初めて行くギャンブル場の場所がよくわからない時の鉄則として

「香ばしいおっちゃんの後を付いていく」

というメソッドがあるんだけど、まさかの誰も降りないっていう(・ε・;)

正確に書けば、岐阜で買い物をしてきたんだろうなという妙齢の女性が1人降りたけど、香ばしさの欠片もないっていう。

仕方なく自力で駅の地図を見て前進

笠松地下道

とても解りやすい地下道を発見して前進

この地下道を抜けた後に小高い丘があってそこを超えたら笠松競馬場が見えた。

笠松正門

駅からの所要時間は3分くらい

駅の状況から誰もいないんじゃないかと心配したけど香ばしいおっちゃん達が結構いた。

帰る時にわかったけど、電車よりも車で来ている人が多いみたい。

競馬場自体は今まで行った中で一番こじんまりしていた。

他に行った事があるのは南関4場とJRAの東京、京都、阪神なので当たり前だけど。

笠松全景

笠松競馬場の特徴として内馬場に電波塔と畑があること(笑)

視認出来なかったけどお墓まであるらしいΣ(゚Д゚)

そして内馬場にあるもう一つはパドック

笠松パドック

パドックの礼ってお客さんに向けてしているんですね。

競馬歴20年のボクは馬に向かってしているのだと今まで思ってました(・ε・;)

そして内馬場に無いものは大型モニター

これがないとものっそい不便!!!

ゴール板まで残り100mくらいの位置にいたんだけど、そこから先は後ろから見る形になるので接戦になると全然わからん。

接戦じゃなくても2馬身くらいの差は全くわからない。。。

あとは実況頼みっていう(笑)

馬券の方は8Rの馬連2-7 ¥870を本線で取れた事もあって微妙なマイナスで終了

笠松馬券

少頭数の競馬が多くて割と力関係もハッキリしているのに配当が意外と付くというのが笠松競馬の印象

正直、かなり面白かったのでまた岐阜近郊に行くことがあったら参戦したい。

笠松競馬場よ、再戦の日まで壮健なれ!!


第68回日本選手権競輪の売上

第68回日本選手権競輪

開催日:2015年3月17日~22日
開催場:京王閣競輪場
売上目標:140億円


日別売上

1日目:16億9139万1700円
2日目:17億1198万6300円
3日目:16億9511万6100円
4日目:17億8360万6300円
5日目:25億241万6300円
6日目:35億9721万5300円


節間合計

129億8173万2000円


前年比

-5.0%

優勝者

新田祐大


ひとこと

目標未達だけど全く同じ日程の競艇SG総理大臣杯と比べて約151%の売上
やはり競輪は強い。


第50回ボートレースクラシック(総理大臣杯)の売上

第50回ボートレースクラシック(総理大臣杯)

開催日:2015年3月17日~22日
開催場:ボートレース尼崎
売上目標:95億円


日別売上

1日目:12億6671万900円
2日目:10億8355万0000円
3日目:11億7708万5800円
4日目:10億8677万4100円
5日目:16億9284万2900円
6日目:23億38万6500円


出来事

1日目
10R 5号艇 瓜生正義フライング返還

2日目
05R 5号艇 太田和美フライング返還
09R 1号艇 今垣光太郎出遅れ返還

3日目
06R 5号艇 茅原悠紀フライング返還

4日目
10R 1号艇 黒井達矢フライング返還

6日目
11R 2号艇 白井英治フライング返還
11R 3号艇 前田将太フライング返還


節間合計

86億735万200円


優勝者

桐生順平


ひとこと

目標大幅未達

やはり昼間開催は厳しい。
SGは全部ナイターにしてしまえばいいのに。
5場での持ち回りになるけどw

それにしても今回はスタート事故が多かった。
後半レースでの1号艇のフライング返還が2度もあって、選手も関係者は痛恨だったに違いない。


御神本、ついに放逐されるの巻

2年連続でNARグランプリ最優秀賞金取得騎手賞を受賞した大井の御神本訓史騎手(33=三坂盛)が、6月から南関東での騎手免許を失うことが分かった。
17日、地方競馬全国協会の免許試験委員会が開催され、筆記試験、面接試験、及びこれまでの業務内容を勘案し、不合格を決めた。
同騎手は一昨年2月から昨年11月まで計14回、資格のない者を大井競馬騎手調整ルームに入れ、3月2日から30日間の騎乗停止処分を受けていた。
なお、同騎手は現免許の有効期限の5月31日までは騎乗可能。今後、免許を再取得するには、8月1日免許か12月1日免許の試験に合格して他場へ移籍するか、南関東の場合は来年4月1日免許の試験を受験して、合格しなければならない。

御神本がついに南関東競馬からきつい処分を下された。

正直、過去4回のやらかしについてはわりかし好意的に見ていたというか…

御乱心じゃー!

また御神本が御乱心されておるぞー!!


とか言って笑っていたんだけど調整ルームに女を入れるのはさすがにやり過ぎた。

しかも14回とか常習の極み…

まあ招き入れた人間の性別は発表されていないので解からないんだけど、男を入れる理由もないので女でしょうね。

ちょっと今回は笑って擁護する気持ちにならなかった所に今回の免許更新試験不合格

さすがに自業自得ですわ。。。


【御神本訓史騎手の華麗な御乱心歴】

2007年5月
決められた時間までに調整ルームへ入らず10日間の騎乗停止

2007年6月
指定のタクシーに乗らず10日間の騎乗停止
※南関競馬は他場開催の場合は指定のタクシーで開催場へ移動することになっている。

2009年9月
調整ルームから抜けだして見つかり10日間の騎乗停止

2014年4月
調教時間帯に無許可でコンビニへ行き6日間の騎乗停止

2015年2月
調整ルームに部外者を14回も入室させていた事が発覚して30日間の騎乗停止


さすがに今回は免許更新を拒否されても仕方ないね…

バカと天才は紙一重というけどそれは本当だとつくづく思う。

何回もチャンスは貰っていたのにもったいない。

馬乗りとしては間違いなく天賦の才があった。

馬の背に貼り付くような流麗なフォームは地方競馬随一

中央に比べて質の悪い馬が集まっている地方競馬だけど、御神本が折り合いを欠くような場面を見たことが殆どない。

今年の金盃のアウトジェネラルの逃げ切り劇にしても御神本じゃなかったら勝っていなかっただろうし。

本当にもったいない。

これからどうするのかわからんけど、予想会社の広告塔とかだけはヤメてほしい(笑)

現実的に騎手を続けるなら1年浪人して来年4月の免許試験を受験する事になるんだろうけど、どうすんだろ?

海外に討って出ても面白いと思うけど、やっぱり免許がないのがネックよね。。

さすがに海外で一から騎手免許を取るのは大変だろうし。