第25回グランドチャンピオンの売上

第25回グランドチャンピオン決定戦

開催日:2015年6月23日~28日
開催場:ボートレース宮島
売上目標:93億円


日別売上

1日目:13億0721万6400円
2日目:11億7098万3300円
3日目:12億7714万8600円
4日目:11億8798万0700円
5日目:17億6815万8400円
6日目:26億0619万1800円


節間合計

93億1768万0900円


出来事

3日目3R 2号艇 前本泰和フライング返還
4日目7R 1号艇 山口達也フライング返還
5日目3R 6号艇 山口達也フライング返還


優勝者

山崎智也


-PR-



戯言

売上目標は達成

山口達也のSG節間2本のフライングはデータが残る1996年以降では初らしい
舟券を買っている側とすればフライングを責める気は全くないし、前日F切ったのに翌日のスタートも攻める勇気は賞賛したいくらい(笑)

優勝戦は峰竜太からアタマ勝負に行くも1マークで勝負あり(デデン)
山崎智也は去年からGI6勝にSG2Vと充実してますなあ…
次のオーシャンカップでは史上3人目のSG3連覇がかかる。
せめて優勝戦には乗って盛り上げてほしい!


文男! 文男!! ふみお!!!!!!!

昨日の東京ダービーは久しぶりに熱かった。

ゴール前で「文男文男」と叫びすぎて喉が枯れた…

今年は久しぶりに自信があったというか、ワンチャンあるなと思っていたので馬券も本命

パーティメーカー単勝馬券

これは記念用単勝馬券なので実際はもっと買っていた。

レース前に勝てるチャンスが結構あるなと思っていたダービーはロイヤルボス以来

ちょっと調べてみたらロイヤルボスで3着だった東京ダービーは2007年だった。

もう8年も前だったのか(遠い目)

あの時も実に熱かった。

4角先頭でボルテージは最高潮だったけど、最後は1、2着馬の地力にやられた。

戻って今年2015年の東京ダービー

羽田盃が過去10年で2番目に遅い勝ち時計

今年は世代レベルが低そうで、実際に今年のダービーも過去10年でワーストタイの勝ち時計だった。

人気は折り合い難のオウマタイムに追い込み一辺倒のストゥディウム

付け入る隙は十分だし、文男の執念というプラスアルファでなんとかならんかと。

レースはオウマタイムが淀みのない流れを作って文男は前すぎず後ろすぎず絶好の8-10番手

4コーナーで前に全く壁がない状態で外から差して来た時はテンションMAX!

残り100mで届かないかと思ったけど叫びまくってたよね。

結果は4分の3馬身差の2着

東京ダービーでは11年ぶり9回目の2着

最高に熱かった。

最高に楽しかった。

そして最高に悔しかった。


絶対当たらない馬券を売りつけておいて返還すらしないシステム

6月2日の大井競馬第6Rにて2着入線のゴールドホーク号が失格

失格理由は騎手の前検量と後検量の重量差が1kgを超えた為

前検量で使った鞍を使用せずに実際のレースでは斤量が2kg以上軽かったらしい。

騎手の達城龍次はこれにより即日発効の10日間騎乗停止

正直、またかと思ったよね。。

シンコウシングラーの時からまるで成長していない…

あの時もそうだったけど絶対に当たらない馬券を売っておいて返還すらしないってどうなの?

まあ外れた瞬間に捨てちゃう人も多いし、それが難しいのもわかりますよ?

わかるけど、返還しないなら逆に確定させるべきだと思うんだけど。

どちらも難しいのなら騎乗停止10日間とかぬるすぎでしょ。

客は絶対に当たらない馬券買わされているわけで、返還も払い戻しもしないなら当該騎手を半年くらい騎乗停止にしろと…

施行者は対策しないし、騎手の制裁はぬるいし、損をするのは客だけですな。


第42回ボートレースオールスター(笹川賞)の売上

第42回ボートレースオールスター(笹川賞)

開催日:2015年5月26日~31日
開催場:ボートレース大村
売上目標:100億円


日別売上

1日目:14億9272万7300円
2日目:12億1231万7300円
3日目:12億9841万1700円
4日目:13億3355万3500円
5日目:16億2466万3000円
6日目:28億1472万7400円


節間合計

97億7640万0200円


出来事

2日目10R 5号艇・菊地孝平フライング返還

5日目11R 1号艇・湯川浩司フライング返還


優勝者

山崎智也


-PR-



ひとこと

売上目標は未達
しかし準優勝戦のフライングで2億6千万円以上を返還しているので実質的には売上目標を達成

優勝した山崎智也は4日目から3日連続で12Rの1号艇に登場

この全てで危なげのある逃げを見せて、イン絶対水域の大村でもワンチャンありそうと思ってひたすら裏目を買っていたんだけど、なんだかんだで全部逃げ切って優勝してしまった。

特に優勝戦の太田の差しは入ったと思ったんだけど艇がバウンドして失速

舟券的には実に惜しかった…