第62回ボートレースダービーの売上

第62回ボートレースダービー(全日本選手権)

開催日:2015年10月20日~25日
開催場:浜名湖ボートレース場
売上目標:90億円


日別売上

1日目:10億2569万0800円
2日目:10億9229万5500円
3日目:10億8380万3300円
4日目:11億2321万0900円
5日目:15億9339万5000円
6日目:22億4202万0800円


節間合計

81億6041万6300円


優勝者

守田俊介


出来事

1日目4R 1号艇 三井所尊春フライング返還
1日目4R 2号艇 田頭 実フライング返還
1日目4R 3号艇 池田浩二フライング返還
1日目4R 5号艇 坂口 周フライング返還
1日目12R 2号艇 茅原悠紀 出遅れ返還(責任外)
6日目11R 3号艇 坪井康晴フライング返還


ひとこと

売上目標は大幅未達
初日に大規模なスタート事故があって2レース総額2億750万7400円が返還
それを入れても売上目標には到底届かなかった。

レースは守田俊介がSG初戴冠
ブログの面白さでは長らく艇界ナンバーワンの座を堅持してきたけれど、遂に本業でもトップに!

しかもSGの優勝戦で1号艇から1人だけ0秒台に踏み込むコンマ06スタート
これは本当に凄い

SG優勝戦で1号艇がフライングを切ると莫大な金額が返還される
そのプレッシャー、しかも外側の艇が来てないという状況は本当に怖いと思うんだけどお見事としか言いようがない
SG初制覇おめでとうございます!


関連リンク

守田俊介個人ブログ「風雲きもり城」
http://kimori.shiga-saku.net/

ボートレースSG & プレミアムGI売上一覧
http://www.umanarok.net/uriage_boat/boatrace/2015.html


来年の東京ダービー馬が負けた

前走の条件戦(川崎ダ1500m)で2秒4差の圧勝

鞍上の的場文男をして

「この馬で東京ダービーを勝てなかったら騎手やめる(笑)」

と言わしめたアンサンブルライフが鎌倉記念でポッドガイの後塵を拝する2着

鎌倉記念ゴール前

レース後のコメント

「道中かかってしまったのが終いの伸びに影響した」

ちなみに「勝てなかったら騎手やめる」の後にかっこ笑いを付けたのは本人の要望らしいので、来年のダービー勝てなくてもヤメないと思うけどw

とりあえず言いたいのは

来年のダービー馬がこんな所で負けるわけないと頭固定で勝負した私のお金を次走で返してください!!!

東京ダービー云々はその後の話でいい(´・∀・`)


ミュゼ冠の馬が消滅?

 脱毛エステ大手の「ミュゼ・プラチナム」を運営するジンコーポレーションが多額の負債を抱え、銀行団との任意整理に入っていることがわかった。高橋仁社長が6日、都内で会見して明らかにした。事業は継続したうえで、債務返済に向けた再建計画をまとめ、来年3月までに銀行団の同意を得る、と説明している。

全文は朝日新聞デジタル

NHKマイルカップのミュゼスルタンはド本命だったし、ダービーでも少し買っていて縁のある冠名だったのでこれは残念なニュース

ミュゼ◯◯◯◯の馬はここ数年よく見かけたのでこれから競馬界の中心に来る馬主候補の1人かと思っていたけどそうではなかったらしい。

女性専用エステに全く興味ないので勝手に勢いのある会社かと思っていたよ。


今回のような有名馬主からの急激なフェードアウトで真っ先に思い出すのは冠名アイネスのオーナー

自分が競馬を見始めた年のダービー馬がアイネスフウジンで、その後も共同通信杯でナリタブライアンの2着になったアイネスサウザーなども持っていたので自殺のニュースはまさに衝撃的だった。。


あとはシンコウの安田修社長

シンコウラブリィやシンコウキング、シンコウフォレストでGI制覇

ぱっとサリデリアのCMでもおなじみだったので急に馬を全部売り払った時は栄枯盛衰を感じたよね

しかし、その時に切り離されたシンコウファームがまた続いているのは競馬の血の繋がりに似たものを思って感慨深いモノがある


思い出の馬主最後はご存知フサイチの関口房朗オーナー

まさに名物馬主といった感じの派手な馬主スタイルで若干胡散臭い感じの外見も含めてサイコーだった

1996年に日本ダービー制覇、2000年にケンタッキーダービー制覇

2004年に4億9千万でザサンデーフサイチ購入、2006年に800万ドルでミスターセキグチ購入

2008年に馬主活動を縮小、2010年には残った競走馬が差し押さえらえる

凄い勢いで駆け抜けてますな(笑)

そう考えると、長い間多数の馬を持っていてまだ現役のメイショウやエイシンのオーナーは凄すぎますわ。

馬主業なんて絶対浮き沈み激しいの本当に凄い