折笠豊和ジョッキーが引退

浦和競馬の折笠豊和騎手が2017年1月末をもって15年間の騎手生活に幕を閉じるとスポーツニッポンのコラムで報じられている。

2017年1月30日現在のプロフィールと成績は
1638戦4勝、2着17回、3回12回、4着26回、5着35回、着外1544回
折笠豊和成績

折笠キター!!
と思っても2着が多かった印象だけど、まさに印象通りの成績で2着が1着の4倍以上もあった。

妙に応援したくなる浦和の名物ジョッキーが引退を決めて、浦和競馬の魅力が1つなくなった。


引退後は競馬界には残らず飲食業に転職するとのこと

浦和競馬のファンサービスでよく陣頭に立っていただけに、騎手より客商売の方が天職だったという可能性もありそうw


ちなみに折笠騎手の勝利レースは全てYouTubeとニコニコ動画にある
全ての勝利レースの動画が簡単に見られる
こんな騎手も稀有だね( ̄∀ ̄)


初勝利(2005年10月21日リトルクラウド)

内からオリカサ、リトルクラウドがゴール
南関実況といえば今でも及川サトルという人は多い。
そんな氏の実況も華を添える


2勝目(2013年5月20日ケイアイレックス)

7年7ヶ月ぶり、感動の2勝目


3勝目(2013年8月9日コスモキャロル)

2勝目は同じ年に!


4勝目(2014年1月14日ケイアイレックス)

2勝目を挙げたケイアイレックスを駆って4勝目
これがラスト勝利

15年間で4勝の騎手成績だったけど親子ともアクの強い富田厩舎所属ということも相まって実にインパクトのある、妙に興味を惹かれる騎手だったと思う。

お疲れさまでした。


【競馬トリビア】大井競馬場と平和島ボートレース場

(2017年冬)競馬トリビア10連発

その10 これは配慮です
平和島競艇場から大井競馬場までは歩いて10分程度で行けるので、ナイター競馬の時期には平和島のデイレースから大井競馬場のナイターレースを梯子するダメ人間が散見される

この両場は指定席に入場する際に手の甲に肉眼では見えないスタンプを押し、指定席外から再入場する際にはブラックライトの下でそのスタンプを提示する方法が採られている。

そのスタンプを押す際に手の形が描かれた台があるが、平和島は左手、大井競馬場の場合は右手が描かれている。

これは両場を梯子してくる人間に対する配慮(だと私は信じている)

大井でスタンプを押す時にうっかり左手を出してしまうと、平和島のスタンプが浮かび上がってダメ人間の証を見られてしまうので気をつけて!

blogmura

【競馬トリビア】隠れマイネル

(2017年冬)競馬トリビア10連発

その09 私もマイネル軍団です
マイネル軍団は長らく牡馬で「マイネル」、牝馬で「マイネ」を冠としてきたが2015年から牝馬の冠名を廃止

ゲッカコウやペルソナリテなどマイネル軍団を全く想起させない馬名になっているので、馬券を買ってレースを見たらラフィアンの勝負服を着ていて、そこで初めて本命馬がマイネル軍団の一員だったと気付く事がある

気をつけて!(何を?)

blogmura

【競馬トリビア】記念じゃないよ平場だよ

(2017年冬)競馬トリビア10連発

その07 紛らわしい記念
色々な競馬場で行われている個人協賛レース

「○○おじいちゃん古稀記念」や「○○部長退職特別」「のび太しずか結婚おめでとうで賞」

などの特別レースっぽい名前が付けられているが、殆どの場合これらのレースは特別戦ではなくただの平場戦である。

blogmura