漢のジャパンダートダービー1点予想

たまには予想ブログ

ジャパンダートダービーはとても自信があるので、ここは少ない点数で仕留めて7千万円以上貯まっているトリプル馬単のキャリーオーバーを頂きたい。


第19回ジャパンダートダービー予想



◎サンライズノヴァ
前走の快勝を見た時から決めていた堅い本命

そのユニコーンSの勝ち時計も過去にJDDで好走したユニコーンS勝ち馬に勝るとも劣らない良いタイム

少なくともこの馬は歴代のJDD優勝馬に匹敵する能力を持っている。

そして運が良い事に今年は例年よりも相手が弱い。



○サンライズソア
本命馬と同一馬主の馬

ユニコーンステークスではサンライズノヴァに1秒千切られたけど今回はその時よりプラス要素がいくつもある

1.距離が伸びる
シンボリクリスエスに母父スペシャルウィークはともに中距離に適正が高い種牡馬
血統的に1600mより2000mが良いのは間違いない

2.鞍上強化
岩崎翼から川田将雅

3.先行脚質
火曜日の大井を見ていると前開催では避けていた騎手が最内を通ってきている
内外フラットな馬場状態、そして絶対的な逃げ馬不在、先行得意の川田将雅
今回サンライズノヴァとの差はユニコーンSより詰まる。


馬券はこの2頭の1点勝負
トリプル馬単ではタガノディグオを加えた2点にする予定


南関東の期待馬ヒガシウィルウィンには頑張ってほしいけど点数を絞りたいので涙を飲んで外す
理由としては東京ダービーの時計2分6秒9はこのレースの水準だけど、これでは少し厳しい

最近の東京ダービー馬の勝ち時計とJDDの着順
2016年バルダッサーレ2分6秒9 → JDD4着(1.3秒差)
2015年ラッキープリンス2分7秒5 → JDD3着(1.5秒差)
2014年ハッピースプリント2分5秒9 → JDD2着(ハナ差)
2013年インサイドザパーク2分7秒2 → JDD4着(2.0秒差)
2012年プレティオラス2分6秒8 → JDD6着(1秒4差)
2011年クラーベセクレタ2分6秒5 → JDD3着(0秒1差)※レース後失格

2分7秒近くかかってしまうとJDDの着順は悪くなくても着差がかなり大きい。
ただし東京ダービー馬は殆どの場合で地方馬最先着だし、ヒガシウィルウィンは最後流しての東京ダービー優勝なので2、3着なら大いにある。


思ったよりもオッズが付きそうなのでここはサンライズ2頭で大勝負!

トリプル馬単も当たれば尚良し!