競輪売上アイキャッチ

第71回高松宮記念杯

開催日:2020年6月18日~21日
開催場:和歌山競輪場
優勝賞金:2,940万円(副賞含む)


日別売上

1日目(木):13億6889万8000円
2日目(金):14億3825万3500円
3日目(土):17億4499万4700円
4日目(日):25億0690万3900円


節間通算

70億5905万0100円


前年比

-16.9%


優勝選手

脇本雄太



ひとこと

5月のGI日本選手権は開催すれば赤字だったので中止もやむなしと書いているスポーツ新聞もあって、コロナが落ち着くも無観客でどうかと売上が注目されていた高松宮記念杯

競輪は一時期、無観客開催で売上が前年比30%台まで減ったこともあったけど、今回は前年比-16.9%と健闘。

初日の売上13億6889万8000円は去年の初日と約1,000万円しか変わらない優秀な数字。

2日目、3日目は前年に比べれば2割弱、最終日は25%くらい落ちたけど、それでも超高齢ファンに支えられている競輪としたら大健闘。

お車券が一番売れたのは場外発売所だろうけど、それでもネット投票の会員が増えたのは間違いない所で、無観客開催が逆に競輪の将来を明るくしていたらいいですな。


関連リンク

2020年競輪 GP・GIレース売り上げ
https://www.umanarok.net/uriage_keirin/2020.html


ブログランキングへの応援お願いします

blogmura

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


IPATで地方競馬の馬券を買うと損をするよ
楽天競馬

地方交流重賞を買うなら購入額の10%の楽天ポイントを還元してくれる楽天競馬に限ると思います!

1万円買えば馬券が外れても千円分はポイントで戻ってくるのは中央競馬(IPAT)にはない大きなメリット

とにかくIPATで地方競馬を買ってはイカン。もったいない。

おすすめの記事